経営メモ > ゴルフショップ
ゴルフ用品はモデルチェンジが盛んで、商品ライフサイクルが早いため、不良在庫を抱えやすい。倒産してしまう場合は、過剰在庫による倒産が大部分を占めている。
 #仕入戦略・商品管理 #モデルチェンジ

経営メモ > 焼鳥店
さまざまな産地の鶏肉を試し、自店のコンセプトにあった地鶏などを差別化を図っている。
 #仕入戦略・商品管理 #産地

経営メモ > 旅行会社
繁忙期に合わせて確実に仕入れを行えるよう、宿泊先と連盟を組んだりする方策が取られている。
 #仕入戦略・商品管理 #繁忙対応

経営メモ > 花屋
ディスカウント店は生産者からの直接仕入を行うことで低価格販売を実現している。
 #仕入戦略・商品管理 #低価格化

経営メモ > 花屋
生花の需要月は、クリスマス、卒業、送別会、母の日、彼岸、盆など行事にある月に偏っている。
 #仕入戦略・商品管理 #節目需要

経営メモ > フランス料理
こだわりから契約農家から直接購入することが多い。
 #仕入戦略・商品管理 #契約農家

経営メモ > フランス料理
ワインやチーズ等は、当店ならではの品揃えを用意しておく必要がある。客単価につながる。
 #仕入戦略・商品管理 #オリジナリティ

経営メモ > インテリアショップ
インテリアは流行などにより新製品が数多く発表されるため、流行遅れの在庫を抱えてしまう危険性がある。売れ筋商品が早急に把握できるような体制を作っておくことが望ましい。
 #仕入戦略・商品管理 #季節需要

経営メモ > 雑貨ショップ
雑貨店経営の難しさは在庫の調整にある。恒常商品、季節商品、流行商品などに区分して、顧客に飽きられない品揃えを常に検討していく。
 #仕入戦略・商品管理 #商品分類

経営メモ > 雑貨ショップ
似たような雑貨店が多い中で、他店にはないユニークな商品やオリジナル商品をどう揃えていくのか、雑貨の仕入のみならず、オリジナル雑貨制作などでビジネスの可能性を広げていく。また、これらの商品は粗利率も高くなる。
 #仕入戦略・商品管理 #オリジナル

経営メモ > ワイン・バー
ワインは品質の維持が難しいため、店内にワインセラーを完備して保存、管理を行う必要がある。
 #仕入戦略・商品管理 #品質管理

経営メモ > ワイン・バー
ワインの仕入れに関しては、酒卸売店からの仕入、酒小売店からの仕入、海外からの直輸入のタイプに分かれる。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > ワイン・バー
少し高級なワインを気軽に飲めるイベントが企画されている。
 #仕入戦略・商品管理 #戦略仕入

経営メモ > 金券ショップ
航空券、乗車券は、連休に需要が増えるため、その前に売買価格が上がる。給料日、ボーナス時期にはチケットを買いだめするビジネスマンの需要がある。
 #仕入戦略・商品管理 #季節需要

経営メモ > 金券ショップ
中元、歳暮、企業の決算期末の前後は、購入や換金が多く、売買価格の変動が予想される。
 #仕入戦略・商品管理 #季節需要

経営メモ > 無国籍料理
国内で入手しにくい食材に関しては、独自の調達ルートを開拓するなど、安定的な仕入れを確保できるようにしておかなければならない。
 #仕入戦略・商品管理 #独自仕入

経営メモ > ペットショップ
仕入れは、常に生体の病気に注意を払わなければならない。出来れば仕入先の飼育環境なども把握しておくことが望ましい。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > ペットショップ
ペットの仕入れは、自ら繁殖させる方法、ブリーダーからの仕入、ペットオークション、専門卸売業者、輸入業者などがある。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > 化粧品販売
自社で輸入して販売する場合には、「化粧品製造業」「化粧品製造販売業」の許可が必要。比較的原価率が低く利益率が高いためヒット商品を出すと大きな利益が期待できる。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > 中古自動車販売
査定のための専門スキルが必要になる。
 #仕入戦略・商品管理 #商品化

経営メモ > 中古自動車販売
利益を重視するなら、人気車種をどれだけ仕入れられるかになる。
 #仕入戦略・商品管理 #人気車種の仕入れ

経営メモ > セレクトショップ
コンセプトを決めて、それに応じた商品を展開する。コンセプトを啓蒙するための販売手法も店全体で見せていく必要がある。徹底的なこだわりを持ち、けして安直な安売りには走らない
 #仕入戦略・商品管理 #商品コンセプト

経営メモ > セレクトショップ
セレクトショップは、時代の動きやトレンドを読み取る先見性が売りになる。感度の高い人たちの見回り店に入ることで、経営が安定していくる。
 #仕入戦略・商品管理 #先見性

経営メモ > 中古パソコンショップ
パソコンリサイクル法により、中古パソコンショップへ持ち込むユーザーが増え、中古パソコンショップの仕入環境は良くなっている。
 #仕入戦略・商品管理 #季節需要

経営メモ > アンティークショップ
商品仕入れは、骨董品オークション、業者市で入手する。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > アンティークショップ
流行にはほとんど影響されないのが特徴。その一方で、商品に対する深い造詣が求められる。また、本物等を見極める鑑定スキルも当然必要になる。なにより、店主自らが良いコレクターであることが前提になる。
 #仕入戦略・商品管理 #商品知識

経営メモ > アンティークショップ
販売価格と仕入れ価格の相場を知ることが必要。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入価格

経営メモ > 古着屋
インポートブランド品はは類似品などを持ち込まれる可能性があり、商品を正確に見抜く専門スキルが必要になる。
 #仕入戦略・商品管理 #目利き

経営メモ > 古着屋
古着は新たに作り出すことができないため、安定した古着供給を確立するのがビジネスのポイントになる。
 #仕入戦略・商品管理 #安定した仕入れ

経営メモ > 古着屋
仕入は、店舗先での買取り、専門業者から仕入、海外から直接買い付けなどがある。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > 食材宅配サービス
食材は配送中に品質が変わることもあるため、配送車両の設備(冷凍、冷蔵)には充分留意する必要がコストの1つの要因になっている。
 #仕入戦略・商品管理 #配送品質

経営メモ > 郷土料理
食材は、調達コストが高めの産直ものだけではなく、一般的な食材うまく組み合わせたりすることで利益を確保する。
 #仕入戦略・商品管理 #多店舗

経営メモ > 古本屋
仕入は、店頭、古本市、宅買いによる仕入がある。古本市では業者間で仕入取引を行なう。宅買いは、蔵書家が一括して処分する場合に引き取る仕入方法になる。蔵書家なので、お宝も多い。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > CDショップ
音楽の売れ筋商品のライフサイクルが数ヶ月と短いため、品揃えは常に変更される。
 #仕入戦略・商品管理 #ライフサイクル短い

経営メモ > ミニスーパー
食への「安全安心」への意識の高まりから、信頼できる生産者から仕入れた商品には大きなニーズがあるといえる。
 #仕入戦略・商品管理 #安全安心

経営メモ > ミニスーパー
生鮮品は卸売業者を通じて仕入れるのが一般的であるが、最近は生産者と売買契約を結んで直接仕入れるケースも多い。
 #仕入戦略・商品管理 #生鮮品

経営メモ > 人材紹介業
人材紹介業は、顧客のニーズにあう人材を確保できるかどうかで成功が決まる。求職側のニーズから動いてくれることは期待しないほうがいい。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > リサイクルショップ
仕入れは、店舗内で商品買い取り方式、業者間取引、フリーマーケットやネットオークションなどで行われる。当然、商品に対する目利きが必要になる。
 #仕入戦略・商品管理 #仕入先

経営メモ > FCフランチャイズ
仕入系フランチャイズは、消費者から買い取った商品を本部に売却することになる。取引量が少ないとほとんど利益にならない。
 #仕入戦略・商品管理 #買い取り型

経営メモ > FCフランチャイズ
個人では仕入先の開拓は難しく、FC加盟すれば、仕入れについて悩むことはなくなる。
 #仕入戦略・商品管理 #メリット

経営メモ > FCフランチャイズ
契約により制約を受けるため、独自の仕入ルートを構築したり独自メニューを考案したいのであれば、FC加盟には向かない。
 #仕入戦略・商品管理 #独立店との違い

経営メモ > ディスカウントストア
特定のカテゴリーに絞るカテゴリーキラー戦略をとる企業が増えている。
 #仕入戦略・商品管理 #差別化

経営メモ > ディスカウントストア
昔は現金大量仕入れによる安価な商品販売だったが、最近では、OEMや大量仕入れによりナショナルブランドの品揃えも増えている。
 #仕入戦略・商品管理 #独自仕入

経営メモ > コンビニエンスストア
廃棄ロス、品切れが発生しないように、多頻度配送により適正在庫量を維持している。
 #仕入戦略・商品管理 #多頻度配送

経営メモ > コンビニエンスストア
単品管理の徹底により、死に筋と売れ筋の把握をしながら、消費者のニーズと収益最大化の双方を満たしている。
 #仕入戦略・商品管理 #単品管理

経営メモ > 100円ショップ
独自仕入の問題点は、商品開発力が弱い、仕入れロットが小さいため原価が高い、安定した供給が保証されない。その結果、品揃えに偏りが出てしまうことである。
 #仕入戦略・商品管理 #独自仕入

経営メモ > 玩具店
玩具店の商品カテゴリーは多岐にわたり、かつ、流行による入れ替わりが激しいため、売れ筋商品に仕入対策を集中させていくことが必要になる。
 #仕入戦略・商品管理 #季節需要

経営メモ > 飲食業界共通
良い食材を仕入れるためには、様々な場所を回り、良い仕入先を常に確保しなければならない。当然、良い仕入れ先は競争率が高くなる。
 #仕入戦略・商品管理 #食材仕入れ

経営メモ > データ入力代行業
価格競争力を付けるためには、必要なときだけ仕事を発注できる在宅ワーカーのネットワークを構築する必要がある。現在は、クラウドサービス等で集めることはできるが、品質を担保するためにも、自前のネットワークが必要になる。
 #仕入戦略・商品管理 #価格競争力

経営メモ > 自然食料品店
自然食品は、見た目だけでは判断出来ないこと多く食品偽造などもゼロではないので、特に信用のおける仕入取引先との提携が不可欠になる。
 #仕入戦略・商品管理 #信用喪失