経営メモ > 洋・和菓子
ネット販売は注文を受けてから商品を製造することができるため、食材や在庫のロスが少ない。全国各地に顧客を獲得できるのも利点。そのためには、半生菓子や焼き菓子など日持ちのする商品のラインアップを増やしておく。
 #ネット通販 #注文受付

経営メモ > インテリアショップ
店舗にすべて商品を陳列するのが難しい。一方でお客様は様々なインテリアを見たい。この双方の状況から、ネットによるカタログ販売が向いている。
 #ネット通販 #カタログ販売

経営メモ > 靴販売店
ネット販売では、サイズに対する不安を払拭するため、「返品は何度でも可」「電話やメールでの丁寧な質問対応」など、これらのサービスが標準的なものになってきている。特に、靴の場合は、サイズに対する不安が高いため、サイズに関する情報は、ユーザが安心できる量と質が求められる。
 #ネット通販 #返品可

経営メモ > 靴販売店
靴販売においては、フィッティングが必要不可欠で、長い間、通信販売は不向きだと考えられてきた。しかしながら、ネット通販で靴を購入する人も増えてきている。
 #ネット通販 #ネット不向き

経営メモ > 古本屋
古本は、インターネットを使って便利に取り寄せられることからネット通販も増えている。
 #業界のトレンド・特徴 #ネット通販

経営メモ > SEO・SEM
過剰なSEOに対するペナルティ(ペンギンアップデートは)、コンテンツのパクリに対するペナルティー(パンダアップデート)は、ペナルティーを受けると復活するまで時間が掛かるので、特に注意しなければならない。
 #ネット通販 #SEO

経営メモ > SEO・SEM
文字数が多いページを全部読むユーザは少ない。一方でSEO的には、一説には、2000-4000文字程度ないと上位に来ないと言われている。このジレンマをどうやって解消して、ネット販売につなげていくか、そこが制作の鍵になる。
 #ネット通販 #SEO

経営メモ > GAFA
アマゾンは小売店に転換を果たす時間を与えず、小売店を破壊した。ITビジネスのインパクトとは、一瞬にして他を破壊してしまう力を持っていること。
 #ネット通販 #インパクト

経営メモ > 全業種共通
2つ以上のキーワードの組み合わせで売れようにすることを考える。「目立つ看板」よりは、「光る看板」(看板+光る)の方が売れやすくなる。光るというキーワードが追加されることで、ニーズを引き出す。
 #ネット通販 #ロングテール

経営メモ > オンラインショップ
この商品が、いいと思うと、ネットを辿りはじめる。ネットを廻ることで、いろいろな体験に出会う。その体験プロセスで「すごそう→すごい→買うわ」の変化が起こる。つまり、自社サイトだけではなく、いろいろなサイトに体験を仕掛けておく必要がある。
 #ネット通販 #ネット購買導線

経営メモ > オンラインショップ
アマゾンがなぜ最初に書籍を選んだのか?もっと利幅の高いものがあったはずなのに書籍を選んだところに経営センスがある。この箱を届ければいいだけ、定型的で一番扱いやすい。取り扱い点数が多い、新書もたくさん出る。テクノロジーが発揮しやすい。この2つの「しやすい」が、ネットとの相性が抜群だったから。
 #ネット通販 #ネットビジネスセンス

経営メモ > オンラインショップ
重くてかさばるものはネットで買う利便性が高い。そのため今後も利用は増えていくと考えられている。
 #ネット通販 #重くてかさばるもの

経営メモ > オンラインショップ
ネット販売する側は、軽くて小さいものでないと扱いづらい。送料を加味した価格設定と粗利が取れる品揃えがポイント。
 #ネット通販 #軽くて小さい