thead

bootstrap5.css

bootstrap5.css
thead,
tbody,
tfoot,
tr,
td,
th {
  border-color: inherit;
  border-style: solid;
  border-width: 0;
}
bootstrap5.css
.table > thead {
  vertical-align: bottom;
}

html bootstrap5 Sample

テーブルの基本スタイル:table


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table">
    <thead>
      <tr>
        <!-- tableタグにtableクラスを設定するだけでレスポンシブなtableが作成される -->
        <!-- scopeは非視覚系のブラウザ(音声ブラウザ等)用 -->
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

罫線付きテーブル:table-bordered


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-bordered">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <td>タイトル</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <td>タイトル</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

罫線色つきテーブル:table-borderedとborder-primary


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-bordered border-primary">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

罫線無しテーブル:table-borderless


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-borderless">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

背景色用のクラス:bg-*


タイトル タイトル タイトル タイトル
なし(標準) データ データ データ
bg-primary データ データ データ
bg-success データ データ データ
bg-warning データ データ データ
bg-danger データ データ データ
bg-info データ データ データ
  <table class="table table-dark">
    <bg-warning text-dark">thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </bg-warning text-dark">thead>
    <tbody>
      <tr>
        <td>なし(標準)</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="bg-primary">
        <td>bg-primary</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="bg-success">
        <td>bg-success</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="bg-warning">
        <td>bg-warning</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="bg-danger">
        <td>bg-danger</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="bg-info">
        <td>bg-info</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

テーブル trの背景色:table-*


背景色用のクラス タイトル タイトル タイトル
なし(標準) データ データ データ
table-active データ データ データ
table-primary データ データ データ
table-secondary データ データ データ
table-success データ データ データ
table-danger データ データ データ
table-warning データ データ データ
table-info データ データ データ
table-light データ データ データ
table-dark データ データ データ
  <table class="table">
    <!-- bgによる背景色とtable-*の背景色の違い -->
    <!-- セル単位で背景色を変えることで、表の行やセルを強調表示する -->
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">背景色用のクラス</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <td>なし(標準)</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-active">
        <td>table-active</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-primary">
        <td>table-primary</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-secondary">
        <td>table-secondary</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-success">
        <td>table-success</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-danger">
        <td>table-danger</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-warning">
        <td>table-warning</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-info">
        <td>table-info</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-light">
        <td>table-light</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr class="table-dark">
        <td>table-dark</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

テーブルの色の反転:table-dark


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-dark">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

テーブル行のマウスオーバー:table-hover


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-hover">
    <!-- hoverは、マウスを載せると、背景色が変わる -->
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>
  <table class="table table-hover table-dark">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

縞模様のテーブル:table-striped


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-striped">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

背景色あり縞模様のテーブル:table-successとtable-striped


タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
タイトル データ データ データ
  <table class="table table-success table-striped">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

テーブルのセル内の配置:align-bottomとalign-top


タイトル 1 タイトル 2 タイトル 3 タイトル 4
vertical-align: middle vertical-align: middle vertical-align: middle XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
vertical-align: bottom vertical-align: bottom vertical-align: bottom XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
vertical-align: middle vertical-align: middle align-top XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
  <table class="table align-middle">
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col" class="w-25">タイトル 1</th>
        <th scope="col" class="w-25">タイトル 2</th>
        <th scope="col" class="w-25">タイトル 3</th>
        <th scope="col" class="w-25">タイトル 4</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <td>vertical-align: middle</td>
        <td>vertical-align: middle</td>
        <td>vertical-align: middle</td>
        <td>XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
          XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
        </td>
      </tr>
      <tr class="align-bottom">
        <td>vertical-align: bottom</td>
        <td>vertical-align: bottom</td>
        <td>vertical-align: bottom</td>
        <td>XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
          XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
        </td>
      </tr>
      <tr>
        <td>vertical-align: middle</td>
        <td>vertical-align: middle</td>
        <td class="align-top">align-top</td>
        <td>XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
          XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
        </td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

コンパクトテーブル:table-sm


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
タイトル データ データ データ データ データ
タイトル データ データ データ データ データ
タイトル データ データ データ データ データ
  <table class="table table-sm">
    <!-- table-sm を追加するとセルの padding を半分にできます コンパクト表示になる-->
    <thead>
      <tr>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
        <th scope="col">タイトル</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
      <tr>
        <th scope="row">タイトル</th>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
        <td>データ</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>

レスポンシブテーブル:table-responsive


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <!-- tableタグに設定するのではなく、divで囲む -->
  <!-- .table を .table-responsive でラップしてしまうという考え方 -->
  <!-- table-responsiveすることで、デバイスの条件により水平スクロールが自動で表示される -->
  <div class="table-responsive">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルsm未満:table-responsive-sm


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
データ データ データ データ データ
  <!-- レスポンシブテーブルの最大ブレークポイントを指定します -->
  <!-- smまではスクロールなしで、それ以上は、スクロール表示 -->
  <!-- そのブレークポイント以降では、テーブルは正常に動作し、水平方向にはスクロールしない -->
  <!-- bootstrap5:table-responsive-sm、md、-lg、-xl、-xxl -->
  <div class="table-responsive-sm mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルmd:table-responsive-md


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-md mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルlg:table-responsive-lg


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-lg mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルxl:table-responsive-xl


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-xl mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>