table-responsive

bootstrap5.css

bootstrap5.css
.table-responsive {
  overflow-x: auto;
  -webkit-overflow-scrolling: touch;
}
bootstrap5.css
@media (max-width: 575.98px) {
  .table-responsive-sm {
    overflow-x: auto;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;
  }
}
bootstrap5.css
@media (max-width: 767.98px) {
  .table-responsive-md {
    overflow-x: auto;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;
  }
}
bootstrap5.css
@media (max-width: 991.98px) {
  .table-responsive-lg {
    overflow-x: auto;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;
  }
}
bootstrap5.css
@media (max-width: 1199.98px) {
  .table-responsive-xl {
    overflow-x: auto;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;
  }
}
bootstrap5.css
@media (max-width: 1399.98px) {
  .table-responsive-xxl {
    overflow-x: auto;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;
  }
}

html bootstrap5 Sample

レスポンシブテーブル:table-responsive


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <!-- tableタグに設定するのではなく、divで囲む -->
  <!-- .table を .table-responsive でラップしてしまうという考え方 -->
  <!-- table-responsiveすることで、デバイスの条件により水平スクロールが自動で表示される -->
  <div class="table-responsive">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルsm未満:table-responsive-sm


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
データ データ データ データ データ
  <!-- レスポンシブテーブルの最大ブレークポイントを指定します -->
  <!-- smまではスクロールなしで、それ以上は、スクロール表示 -->
  <!-- そのブレークポイント以降では、テーブルは正常に動作し、水平方向にはスクロールしない -->
  <!-- bootstrap5:table-responsive-sm、md、-lg、-xl、-xxl -->
  <div class="table-responsive-sm mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルmd:table-responsive-md


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-md mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルlg:table-responsive-lg


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-lg mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>

レスポンシブテーブルxl:table-responsive-xl


タイトル タイトル タイトル タイトル タイトル
データ データ データ データ データ
  <div class="table-responsive-xl mb-5">
    <table class="table">
      <thead>
        <tr>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
          <th scope="col">タイトル</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
          <td>データ</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
  </div>